創夢について

創立してから約四半世紀、株式会社創夢は、日本におけるUNIXの黎明期より、その成長とともに歩んできました。

当社に集う人たちは根っからのコンピュータ好き(オタク?)。寝食を忘れて仕事(プログラミング)や趣味(プログラミング)の世界に没頭してしまうような人たちです(ちなみに「求める人物像」が http://www.soum.co.jp/recruit/want.html にあります)。

そんな、ちょっぴり変わってて、愛すべき当社社員の個人的な趣味や興味に基づいたよしなしごとを自由に発信する場としてこのページを作りました。

基本的にはUNIXやプログラミング中心の話題になりますが、時々まったく関係ない話なども飛び出すかもしれません。

当社の小さなのぞき窓としてお楽しみいただければ幸いです。

株式会社創夢 会社情報

執筆陣について

asou
好きな OS は、FreeBSD です。が、最近購入した Mac mini がなかなか快適なので、Mac でいいかなと思うようになってきました。
hkoba
組み込み系 (Linux/NetBSD/VxWorks) からネットワークプログラミングまで幅広く担当。普段は OpenBSD で生活しています。社内での愛称はローズ・S・コバヤシ。「ローズさん」と呼ばれることが多いです。USB ドライバ(ホスト側・デバイス側両方)や X Window Systemあたりは結構やりました。※ この項目はインタビューをもとに、編集担当が作成しました。
inajima
社内でも減少傾向にあるNetBSDユーザ。カーネルやブートローダ、コンパイラの面倒を見ることが多いです。
木本雅彦
1972年静岡県生。博士(理学)。第三開発部シニアプロジェクトマネージャ。上流から下流、上位層から下位レイヤーまで幅広く手掛けていきたい(希望)。入社して10年以上たちますが、まだまだ若手のつもりです。
ko
IPv6と暮らして17年。まだまだIPv6パケットの気持ちを理解できる域には達していないことを痛感する日々を送る一ネットワーク屋さん。
naka
すきなコマンドは awk と bc です。なにかを計算する時、awk か bc を使います。
takuya
プログラミングが好きです。でも、ラーメンのほうがもっと好きです。
tanino
過去にミドルウェア関連業務を担当。現在は組込系が主担当。
tom
当社設立直後に入社して約30年、UNIXの移植、日本語化、デバイスドライバ開発、周辺機器ファームウェア開発などに継続的に携わり、現在も現役でUNIX系OSの移植、改造などの開発業務を行う。社内でもっともプログラムを書いている人の一人。代表取締役社長。
toza
ミドルウェアから上の層を色々とやってます。長春系八極拳使い。
usuke
たなか。新しいプリント基板の匂いが好きな FreeBSD ユーザ。普通の人なので利き基板はできません。社内では、ネットワークや組み込みの開発をしています。
v
ブイ。社内では数少ない Vim 使い。ブログ記事の執筆により、社内での Vim の知名度を上げ、Vim を使用する人を増やそうと計画しているらしい。
yuki
採用と広報を担当。普段使いはWindowsですが、TeXもreSTもwikiもなんとなく使えます。

「株式会社創夢社員の趣味や興味、来し方行く末。」の意味

当社社員の趣味や興味の連なりから通り過ぎてきた方向とこれから行く方向に思いをめぐらせています。