自ら考え提案できる力。それが創夢の強みです。

就職活動をしている間に、創夢のファンである高専の先生に教えてもらいました。スゴイ会社があるよ、といわれて、どんな会社?と聞いても「スゴイ会社」としか言われなかったので(笑)、自分で求人票などを調べてみて、おもしろそうだなと思ったので応募しました。高専生の多くがそうですが、誰でもできるようなことを淡々とやるというより、技術的に難しい問題に取り組みたいと思ったので。

入社前は「スゴイ会社」としか知らなかったのですが、入社してみたら「スゴイ会社」なんてもんじゃない!と思いました。全員がハイレベルで全員ができるという感じ。高専は偏差値が高いし、自分でも成績が悪くなかったので何とかやっていけるんじゃないかと思っていたのですが、入社して1年くらいで「ああ、ぜんぜん太刀打ちできないな」と。

今、その当時レベルが高いと思っていた人たちに追いついているかどうかはわかりませんが、10年くらい経つと下に入ってきた人たちにも指導するようになるので、やっていくうちに自分もそういう立場になったんだなぁと思います。

創夢の社員として求められるのは、依頼された仕事に対して、もっといい方法があるのじゃないか、別のアプローチもあるのじゃないかと自ら考え、提案できる力。お客様から依頼された内容を淡々とやるならほかの会社でもできますが、具体的な指示がなくても、目的を示すとその間を埋めてやってくれるというところが創夢の強みであり、お客様から評価されているところなので、例えば同じ作業でも、何回も同じことをやるならもう少し工夫して早くできるような方法を考えたり、新しいやり方や新しい方法を考え出すことができる人が向いていると思います。

創夢という会社は、いろんな方面のスペシャリストがそろっています。特定の方面だけじゃなくて、いろんな方面に関する知識を持っている人がいて、学ぼうと思えばいくらでも学べる環境がそろっているので、向上心を持って「何かやりたいんだけど」とか「こんなことをしたいんだけど」というものがあれば、反対意見も含めていろんな意見をもらえると思います。

逆に、待ちの姿勢だったり、何か言われたことだけをやるっていう感じになっているとそんなに反応はかえってこないと思います。

※2015年11月時点での情報です

一問一答

休日の過ごし方は?

最近、観光によく行くようになりました。今の案件で神戸に来るまでは西日本に全く縁がなかったので、この機会に金沢、広島、うどん県(香川)などいろいろ回ってます。

自分の長所は?

慎重なところ。石橋を叩いて、叩いたけど渡らず、後日改めてまた叩いてからやっと渡るようなところがありますが、今の仕事にはそういう性格が役に立っていると思います。

創夢のどこが好き?

放任主義。きちんと仕事をすればある程度は自由にやっていいよというところ。そういうところはやりやすいかな。

徳武 友輔

先端技術部
電子情報工学科
2004年入社

Index