株式会社創夢

  • 会社情報
  • 創夢の技術
  • 採用情報
  • お問合せ
  • 参加団体
  • このサイトについて
  • ISMS基本方針
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 求める人物像
  • 先輩からのメッセージ
  • プロジェクトストーリー
    • 徳武友輔
    • 松下正吾
    • 尾崎耕一郎
    • 徳武友輔
    • 石橋拓也
    • 浦上創史
    • 芝野 千尋
  • 座談会
  • 新入社員研修
  • 新卒エントリー
  • キャリアエントリー
  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報

イメージ

プロジェクトストーリー

お客様からの信頼と評価が、
その期待に応えるための
新たな力となる。

地球観測衛星データ処理システムの運用

入社9年目を迎えた徳武は、2年目からのほとんどの期間を、客先の国立系研究所で過ごしてきた。主に大規模システムの構築、運用、メンテナンスといった作業を行ってきたが、ここ数年は「Global Earth Observation Grid (GEO Grid)」という、地球観測衛星データをユーザに提供するデータ処理システムの運用に携わっている。地球観測衛星データの大規模アーカイブ・高度処理を行い、さらに各種観測データベースや地理情報データと融合し、ユーザが手軽に扱えるようにするためのシステムだ。このシステムは現在、100~150人ほどの国内の研究者が利用しており、海外の大学との共同研究で利用される場合もある。

構築、運用、メンテナンスといっても、実際の作業内容は多岐に渡っている。ログチェックといったシステムの基幹部分に関する定型作業もあるが、多くは研究者からのさまざまな依頼を解決していくことがミッションとなる。システムのトラブルに対応することもあれば、1枚で1GB超もあるような衛星画像データをある程度の大きさに変換するようなスクリプトを書く、といったプログラミング作業などもあり、研究内容を理解した上でそれぞれの研究者からの依頼に対応していくことが必要となる。

イメージ

「研究者の方からはよく『創夢だからここまでやってくれる』と言われます。依頼された内容を淡々とやるだけなら他の会社でもできますが、私たちに求められているのはそんなことじゃない。お客様からの具体的な指示がなくても、目的を示せばその間を埋めて、他にもっとよい方法があるのじゃないか、このような別のアプローチも考えられる、と積極的に提案することが期待されているのです。」

客先に常駐して作業を行っているため、お客様との距離も近く、お互いを理解しながら、今、目の前にある課題に対して必要な提案を行い、それを一つ一つ丁寧に実行していく。「またぜひ創夢にお願いしたい、と思ってもらえることにやりがいを感じています。そして、その期待に応えようと積極的にチャレンジすることが、自分の技術や知識の幅を広げていくことにもなると思っています。」

新しい環境や経験が可能性を拓く

就職活動をしていたときに、学校(高専)の先生から「こんなスゴイ会社があるよ」と教えられて創夢に応募した徳武。「高専生の多くがそうですが、誰でもできるようなことを淡々とやるより、技術的に難しいことに取り組みたいと思って創夢を選びました。学校での成績は悪くなかったので何とかやっていけるだろうと考えていましたが、入社してみたら全員がハイレベルで、スゴイ人ばかり。これは太刀打ちできないな、と思いました。」

それから10年余、最近では後輩に対する指導の機会も徐々に増え、2012年には海外出張も経験した。社内でも海外出張を命じられたことのある社員は数名のみ。客先の研究者とともにアメリカでの学会に出席し、普段はメールでしかやり取りしたことのなかった海外の研究者とも直接話をすることができた。「入社したての頃だったら、海外出張の話が来ても断っていたと思います。さまざまな経験を積んできたからこそ、『行きます』といえる自分になったんだなぁと改めて思いました。」貴重な経験を糧に、更に前進していきたいと考えている。「新しい環境に行けば、今までになかったものを手に出来る可能性がある、そう信じて更に一歩、またもう一歩と前に進んで行こうと思います。」

一点集中型で何か一つのことを突き詰めていくスペシャリストではなく、たくさんのことを経験していって最終的には『この人に任せれば何とかしてくれるだろう』といわれるようになりたい、と静かに熱く話す徳武。一歩一歩、着実に前進し続けることが、自分への信頼と客先からの評価に繋がっていくことを徳武は知っている。

※2013年9月時点での情報です

イメージ

<戻る

次へ>

PAGE UP

スタッフイメージ

スケジュールイメージ

1日のスケジュール

11:00出社
メール確認やログチェックなどが終わったら、その時に積まれている案件に応じて作業を行う。週に1回程度は客先との打ち合わせが入る。
13:00ランチタイム
同じ客先に常駐している創夢の社員4~5人で客先内の食堂へ。食堂の混雑を避けるため、少しずらして13:00頃行くようにしている。
14:00午後の仕事
午後も引き続き、さまざまな案件の対応。最近は比較的大き目の案件がドンとあってそれを期間内に対応するといった内容が多い。
20:00退社
水曜日はノー残業デーなので19:00までには退社することになっている。